読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こだわり屋の素直さん☆

日々疑問に思うことを綴ってます~♪

Thank you for coming to see!!!

女性・ワンちゃんバイク旅!北海道~沖縄、離島など全国制覇+海外も!バイク旅に必要なもの・事

 

タイトル通りに

私の友人が、先日沖縄本島に上陸しました(笑)

 

途中、顔を見にきてくれて

自宅に泊まって頂いたんですが、

知り合って10年前、ちっとも変わらない

会うのは、4.5年ぶりかな?

 

 

私は、気軽にバイク旅ができる身分ではないのですが

女性がバイク旅をする際に参考になる話も聞けたので

少し紹介しようと思います。

 

その前に、彼女を紹介します!

 

f:id:natura13:20160514075421j:image

↑今回、南大東島へ行く船へ バイクを載せる時の写真

 

 

 

彼女は、二十歳からバイクで旅を続け

バイク雑誌や温泉、さまざまな取材を受けるほど有名人

旦那様は、【水曜どうでしょう】ディレクター嬉〇さん

新婚旅行も旦那様をダンデムで旅するというつわものです。

 

 

彼女に出会ったキッカケは、mixiのコミュニティ

(現在、1万5千人を超えるコミュになってますが、新規参入不可)

当時の私は、バイクにはまっていて

休日の前夜は、ナイトツーリング

余力あれば、早朝から走るほどバイクを楽しんでいました。

 

が、女性ライダーの少なく

男性と走ると目立つし、同性仲間がほしいとこ

県内で仲間を見つけようと頑張ったが

うまくマッチせずにいた

何処かに仲間がいないかな?とコミュに入ったんです

 

もちろん彼女は、管理人で

一年の半分以上は、旅に出ているのですが

当時通信状態が悪い中も、ネットが繋がる場所では

必ずコミュをチェックしてコメントを返してくれる様子

 

私がコミュに入った時は、彼女の大切な愛犬が亡くなり

悲しみの中過ごしている様子でした。

 

そんな彼女が旅立ち、

久しぶりに南下し沖縄まで来てくれるのを知り

 

  絶対に彼女に会いたい!!

 

ストーカーのように、港で待ち伏せて初対面♪

(冗談です~ちゃんと連絡は取っていますょ、ご心配なく)



 

f:id:natura13:20160514075533j:image←ママを待つワンちゃんの姿。私の呼びかけ無視します(笑)
 

 

 

初めてみる彼女の姿よりも

一番先に目についたのは…

バイクにびっしりと積まれた荷物

サイドもバックもフロントまで

 

だけど、走るのには支障がないように

しっかりと固定されていて

見ていて参考になる荷積み

 

そこから彼女と私でバイクで2、3日過ごし

離島へ向かう彼女を見送りました。

 

その間は、私がサポートするはずが

逆に楽しませてもらい

運命の出会いまであった程

彼女の強運に驚かされた出会いでした。

 

4.5年ほど前、彼女に会いに北海度へ行った時も

一緒にバイクで道南を案内してもらい楽しみました。

 

彼女の旅力は、男子を勝るかもしれないです(笑)

 

 

彼女の話をしたら尽きないのですが

 

2か月程かけて北海道から沖縄離島まで

ゆっくり旅をする彼女ですが

(現在、大怪我からのリハビリなのでスローペースです)

 

この長い日数にしては荷物が少ない

ましてや女性

衣服が気になります

 

 

ある程度の洗濯物はあるだろうと思ったのですが

全く洗濯するものは なし!

 

 

☆☆☆バイク旅・衣服☆☆☆☆☆☆☆

 

●下着 

→ 3枚 

 

●服  

→ インナー類 2.3枚

  羽織もの薄手2.3枚

 

●タオル 

→ バンダナ1枚、水泳用スポンジ1枚

 

※衣服に関しては、夏秋の時期とみてください~

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

えー!

こんだけ!!

 

という具合です。

 

そんなもんだから、船が出るまでの時間

那覇市内の水鳥センター(環境省)では

汗をかいたからシャワー浴びたい!

という彼女は、職員を軽く説得して

シャワー浴びちゃってます(驚)

写真は、ワンちゃんと私、外で待ってましたよ~

 

常に持ち歩く普段使いのショルダーバックには

電子機器と貴重品のみ

 

ワンちゃんのおやつも入ってた

 

 

 

 

☆☆☆電子機器・携帯など☆☆☆☆☆

 

●携帯(ガラケー

タブレット(手のひらより少し大きめくらい)

●デジカメ

 

※それぞれのバッテリー予備など

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

❖❖❖これからのバイク旅、大事なこと❖❖❖

 

余談ですが、彼女いわく

 

最近は、当たり前のように携帯などがあるために

船の乗船時間に間に合わない

連絡がつかないことがあったようで

(たぶん、電源落ちたか?圏外)

 

一人のみ残され、先に出船された経験があったそうです!

 

⓵連絡ツールの確保

 ●携帯・スマホなど

 

なので、いくら旅をしていても

連絡がつかないことは不利になることも多く

最低限の電話や連絡ツールが必要です!!

 

 

もう一点あります

 

バイク旅で、宿に泊まる場合はよいのですが

キャンプ形式でテントを張る場合について

 

 ②最低限の明かり確保

  ●テントに明かりを灯す

  ●手持ちのライトを持つ

 

※最低限2つ以上の明かりを灯す必要があります。

 

 

手持ちのライトだけで十分かと思いますが

実際、彼女が体験したことによると

 

トイレへ行く際に、

手元の明かりだけ持ち出ると

周りは真っ暗闇が多く

テントの場所までたどり着くことが出来ないそうです

 

これは、多く遭難事故などが起こる一つの原因で

夏場はよいのですが、

冬場の場合

近距離50M以内で凍死した状態で発見される事故もあったそうです。

 

男性の場合、そんな遠くまで行かなくても?

と思うかもしれませんが

女性の場合、そうはいきません

少しでも離れたとこで用を足したいものなのです

 

キャンプなどを何度も経験されている方は常識ですが

すべての人がそうでないので

参考までに覚えておくとよいですね~

 

出来れば大人だけでなく

子供たちにも、アウトドアの最低限知識を伝えておくと

非常時の際に、なんらか動いて身を守るかもしれませんね。

 

 

 

衣食住の衣・住(寝る)まで話ましたが

最後の食に関してですが

 

● 基本、現地調達!  (ノ・A・)ノ

 

これですね~

お店が近場にある場合は、買って済ますとか

海があれば、釣り

山であれば、山菜など(毒性などわかるよう調べるものは持つ)

現地の人に世話になる~♪

など方法はありますが

 

離島などに船で行く場合

海が荒れてしまったら

着岸できず沖で待たされることもあるようなので

 

 ●レトルト食品・加工食品を持つ

 

ここで注意

缶詰類は重いので、

レトルト食品のパウチ式が良いです

 

予想される地域に入る前に

現地のスーパーで購入すると安く済みます


f:id:natura13:20160514075654j:image
↑参考までに、私が友人に持たせたレトルト食品(パウチ)です。ボンカレー懐かしいでしょ~しじみ汁は、お湯が必要です!
 
最低、ごはんが食べれなくても
火が起こせないくお湯がなくても
そのまま食することが出来るので便利です
 
これは、災害時の非常食にもなります
 
是非、ご自宅でもストックすると良いですね~
 
 
こんな感じで紹介させて頂きました。
 

f:id:natura13:20160514102234j:image
↑ これが、カブ110cc まるで大型バイクのような・・・
※大怪我により、大型バイクは未だ乗れません>< だけど、これでも凄いよね。
歩くことが一生無理と言われたのに、超人・強運の回復力です!!!
 
 
 
 
さて、友人は連絡が取りづらい島へ行ってますが
無事で旅を楽しんでいるといいな~♪♪♪
(沖縄から発つ時、もう一度会えるかも?!)
 
 
 
 
体験することを基本ブログ内容に書いてゆきますので
応援よろしくお願いします☆*・゜(*´ω`)つ゚ 



 

 

このブログを管理している シルバ です。 無知な自分が調べて分かったことなどを、なるべく!?分かりやすくブログで伝えていきます 調べても専門的過ぎたりして時間が掛かっている自分がいるので(笑) 文章も少ないですが、観に来ていただけると嬉しいです☆ ※ブログ内にある写真や文章の無断複写・転写は固くお断りしています。 ☆ブログリンクは、大歓迎です~http://www.natura.click/